知らないと恥ずかしい!婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

婚約指輪と結婚指輪のそれぞれの意味

結婚を考えた時に指輪を用意しなければなりませんが、指輪は婚約指輪と結婚指輪の2種類が必要になります。婚約指輪と結婚指輪にはそれぞれ意味があり、値段や好まれるデザインにも違いがあります。まず婚約指輪とは結婚の約束をした際に男性から女性に贈る指輪のことを言い、プロポーズの際に渡すのが一般的です。婚約指輪は愛の誓いを交わした証になります。
結婚指輪は結婚式の際に新郎新婦が交換するペアの指輪のことを言います。結婚指輪は結婚の証であることはもちろん、周囲の人に結婚しているということを伝えるという役割もあります。
婚約指輪にも結婚指輪にもそれぞれに歴史や意味があるので、違いをしっかり理解してから選ぶことも大事です。

婚約指輪と結婚指輪の相場

婚約指輪と結婚指輪には見た目的に大きな違いがあります。まず婚約指輪は愛の証として贈るものであるため、高価な石が施された華やかで目を惹くデザインのものが好まれます。婚約指輪の購入金額は30万円~40万円が相場となっています。
一方で結婚指輪は結婚後は日常的に身に付けることから、飾りが控えめでシンプルなデザインが好まれます。結婚指輪の価格は婚約指輪よりリーズナブルで、購入金額は20万円~25万円が相場です。
婚約指輪は渡さないという人がいる一方で、結婚指輪を購入する割合は高めになっています。婚約指輪も結婚指輪も年代や収入により選び方が変わってきますが、一番大切なのは自分たちに合った指輪を選ぶことです。

婚約指輪を高崎で探す際には、複数の店舗を巡ることがポイントで、デザインや品質、価格など、あらゆる点を比較できます。

© Copyright Colorful & Unique. All Rights Reserved.