実は知らない?正しい婚約指輪を渡すタイミングとは!?

プロポーズの成否を分ける指輪を渡すタイミング

お互い好きな相手であれば、指輪を渡してプロポーズしたらOKしてもらえるという甘い考えを持っている方もいるかもしれません。ですが指輪を渡すタイミング1つで、やり直しを宣告されてしまうなど、プロポーズを断られてしまう方も多いのです。そこでどのように婚約指輪を渡せば、プロポーズの成功率が高くなるのか把握しておきましょう。
まず婚約指輪を渡すタイミングですが、あまりにも唐突に渡すのは辞めましょう。例えば一緒に寝て起きたタイミングは、目が覚めていないときにプロポーズされることになります。また相手が集中して本を読んでいるようなタイミングも、邪魔されたと思って不快な思いをさせるかもしれません。相手の状況を見極めて、渡すタイミングを考えましょう。

相手に合わせたシチュエーション

人によっては、サプライズでプロポーズをして、婚約指輪を渡そうと思っている方もいます。このときにポイントとなるのが、プロポーズする相手が嫌だと思うシチュエーションは避けるということです。サプライズをしたとしても、人が多くいる場所は恥ずかしいので嫌と思う方もいれば、あからさまなサプライズは嫌いな方も多くみられます。そのような相手の性格を考えたうえで、どのようなシチュエーションがぴったりなのか考えていくようにしましょう。
プロポーズのやり方は1人1人違っていて当たり前です。ほかの方のプロポーズを参考にするだけではなく、自分たちにとってベストなシチュエーションで婚約指輪を渡すことが大切です。そうすることによって、2人にとっての特別なプロポーズとなって、婚約指輪も特別な品となるのです。

プロポーズとは、お付き合いをしている相手、もしくは自分が好きな相手に結婚の申し出をすることを指します。

© Copyright Colorful & Unique. All Rights Reserved.